「名古屋城酒まつり」開催への想い

城を眺め、桜を愛で、銘酒によう。これぞ、至福の春。その土地が醸した知慧と蔵人たちの匠に舌鼓をうつ、日本酒の祭典。
その土地の風土が、その土地の水が、その土地に生きる人々が、長い時間をかけ、試行錯誤を重ねながら醸してきた日本酒。日本酒は、日本の食文化が生んだ最高傑作です。そんな銘酒たちが、名古屋の文化と歴史の象徴、名古屋城に大集合します。伝統が磨き上げた銘酒、新進気鋭の新たな銘酒。一口飲めば、土地の文化の味がします。城を眺め、桜を愛で、銘酒によう。日本の春ならではの至福の時を、ゆっくりとご賞味ください。